>  > 言葉に裏を返すか悩む私だった

言葉に裏を返すか悩む私だった

ちょっと前より注目していた身長1XXセンチGカップの人妻でしたが、丁度在籍日に当たるというのでリザーブを敢行。当日までの1週間がとても待ち遠しかった。当日、連絡を入れてみると在籍の一時間前でないと在籍確認がとれないとあって、それまでの待ち遠しさと言ったらありません。在籍と決まったので、ホテルにチェックインしていた私は、シャワーを浴びて待っていた。ややあって、非通知のスマホが鳴った。それは、デリヘル嬢からであった。今から向かうそうである。待っている間もちんぽは膨張の一途。そして、チャイムである。いそいそとドアを開けるとそこに立っていたのはぽっちゃりさん・・・まず、ソファでしばし雑談。無料オプションの即フェラチオというのは事前に洗っておいたちんぽをすぐに舐めるということだと聞いて、あぶないあぶない、もうちょっとで洗わないでやってしまうところであったからである。次は、フェラチオをしてもらう。まあ、並みのベロづかいかな。それからシャワーを浴びるという事で、服を脱ぐ風俗嬢。下着のホックをはずしての言葉にちょっとエキサイト。シャワーが終わると、ベッドでデリヘル嬢からの3点攻め。乳首舐めも親切丁寧。攻守後退して、私のクリトリス舐めにあうあうと敏感反応。スマタ体勢にはいって、びらびら付近をこする。ときどき、角度を変えながら。最後はコンドーム内へ発射。デリヘル嬢の「次は、もっと楽しいことして・・・」の言葉に裏を返すか悩む自分であった。

[ 2016-01-11 ]

カテゴリ: デリヘル体験談